新築マンション.COM
知って得する新築マンションの最新情報や用語、よくあるご質問などをご紹介します
ホームこのサイトについてご利用規約お問い合わせ
オススメ情報











投資用マンション

所得済み物件の活用
活用法と選び方

所得物件を活かす

すでにマンションを所得しており、買い換えを考えている人も世の中には多いのではないでしょうか。家族が増えたために、手狭になった。転勤や転職のため、仕事に都合のいい土地に引っ越したいなど、事情は様々でしょうが、買い換えを考えなければならないときもあります。そんな時には、賃貸に出し、マンション経営することもおすすめします。
というのも、バブル期には、取得物件を売却した方が儲けが多かったようですが、ここ最近では賃貸に出すパターンが多いようです。老後の不安、相続を予定しているなど、理由は様々ですが、売却の値段が安くなってしまったことも関連しています。新たな物件購入でローンも新たに組み直す必要がある場合も多いですし、一定の収入が入るという安心感は大きなものになるのではないでしょうか。

リフォームの重要性

では、賃貸に出そうと思ったときには何をしなければならないのでしょうか。
管理や入居者の募集などを委託する場合は、委託する会社を探すことから始めなければなりません。これにつきましては、管理のページに詳しく書いてありますので、そこを参照して下さい。

そして、所得物件を賃貸に出す上で重要となってくるのは、「リフォーム」です。リフォームは、マンション所有者の実費となりますが、初期投資だと思い、ある程度の支出は覚悟した方が良いでしょう。もし、自分がマンションを借りる側だったら…と考えてみてください。綺麗にリフォームしてあり、使いやすい設備が整っているマンションを選ぶと思いませんか? 借りる人にとってみれば、新しい設備がついていれば、古い設備のマンションより良い物件だと感じるでしょうし、壁紙が汚いマンションよりは新品のマンションを選びます。借りる人に選ばれるという点から言っても、リフォームはとても重要なことなのです。

壁紙や床・畳の張り替えの他に、最近では水回り設備を新調する場合も増えているようです。また、浴室乾燥やシステムキッチンなどの最新設備、BSアンテナなども喜ばれます。

逆にリフォームを怠ることは、空室を作る原因に繋がります。利益をしっかりとあげるためにも初期投資は大事なのです。 所得済み物件の賃貸経営で大切なことは、初期リフォームと管理につきます。せっかく大きな資産を持っているのですから、それを上手に運用し、生活を豊かにすべく利益をあげていきましょう。