新築マンション.COM
知って得する新築マンションの最新情報や用語、よくあるご質問などをご紹介します
ホームこのサイトについてご利用規約お問い合わせ
オススメ情報











投資用マンション

投資物件の管理
活用法と選び方

マンション経営には管理が重要

資金計画がしっかりとでき、マンションを購入したら、次に必要なのは「マンションの管理」になります。これは、今後、マンション経営で利益をあげていくためにはとても重要なポイントとなります。きちんと管理されている物件であれば、おのずと空室状態は減り、成功へと繋がります。例えば、10年経った物件でも、管理如何によって、とても築10年の物件には見えなかったり、逆に老朽化が進み、築15年以上の物件に見えてしまったりします。入居者の目から見れば、どちらを選ぶかは想像に難くないと思います。
マンション経営の成否は、資金計画としっかりとした管理にかかっているといっても過言ではありません。

管理を委託する場合

マンション経営の際、大事なことはいかにその物件を管理するかということです。
マンション管理を所有者自身で行う人もいます。その場合、家賃価格の決定から、入居者の募集、室内外の維持管理などを全て自分で行わなければなりません。自分の思い通りにできる反面、家賃の取り立てやトラブルなどの対処も、当然自分で行わなければなりません。副業としてマンション経営を行う場合には、時間的にも大変厳しいと思います。

そういった事情もあり現在では、管理を委託する場合が多いのです。賃貸業者で入居者の募集や家賃の取り立てのみをやってくれる会社から、管理会社と呼ばれるマンション管理の全てを行ってくれる会社まで、様々な業務内容の会社が存在します。トラブルを避けたい、または副業としてマンション経営を行っている場合は、全面的に管理してくれる管理会社に委託するのが良いでしょう。管理会社を選ぶ際のポイントですが、まずは委託する物件の地域に管理する物件を多く持つ会社や、その地域に精通している会社が良いでしょう。管理会社にも、得意な地域・不得意な地域があります。ですので、自分の物件のある地域を得意としている会社に頼んだほうが当然良いと思われます。

次に、トータル的なコンサルティング能力のある会社を選びましょう。修繕などの大きな事業の際には、このコンサルティング能力が重要となってきます。当然のことながら、委託には費用がかかりますが、トラブル対処や細かい対応もしてもらえるため、とても便利です。また、所有者が亡くなり、マンションをご家族が相続された場合などには、相続のために管理方法が変わるなどといった大きなトラブルになりかねない要素を排除することができます。