新築マンション.COM
知って得する新築マンションの最新情報や用語、よくあるご質問などをご紹介します
ホームこのサイトについてご利用規約お問い合わせ
オススメ情報











購入後の必要経費

管理費、修繕費について
押さえておきたい知識

管理組合って何?

建築後のマンションの管理運営は、「建物の区分所有等に関する法律(区分所有法)」によって、マンション所有者によって行われるよう定められています。そして、その法律に基づいて「管理組合」が設立されるのです。マンションの所有者は原則として、この管理組合員になることが義務づけられています。管理組合は、共用部分と呼ばれる、エントランス・ベランダ・エレベーター・庭・屋上などの共有する部分の維持や管理が仕事になってきます。その仕事をする上で、補修や清掃、記録なども必要となってくるため、管理組合の一員であるマンション所有者全員から「管理費」という名目で、毎月一定の額を納めるわけです。

マンションによっては、これらの仕事を実際に住民が行うのではなく、外部の「管理会社」と呼ばれるマンション管理を専門に行っている会社に委託する場合もあります。その場合も、管理組合が、管理費を使って、仕事を依頼することになります。管理組合の総会では、理事が選任されます。もちろん、マンション所有者の中から選ばれることになります。通常は任期制となっています。

修繕費って何?

修繕費も管理費同様、マンション所有者から毎月徴収されるお金です。これは、管理費ではまかないきれない大幅な専用部分の修繕、大規模工事などのための積立金になります。

マンションも長い年月経つと、あちこち修繕が必要となってきます。その時に使われるのが修繕費となります。通常、大規模工事などは、管理組合の会合等で話し合われ、決定され、マンション住民へ通達されます。最近では、建て替え費用のことまで考え、修繕費の計算・建て替え費用の積み立て等を行うマンション管理組合も増えてきているようです。管理費も修繕費も、マンション全体で行っている徴収・積立です。マンション所有者は、この支払いは義務であり、未納は問題になります。