新築マンション.COM
知って得する新築マンションの最新情報や用語、よくあるご質問などをご紹介します
ホームこのサイトについてご利用規約お問い合わせ
オススメ情報











欠陥マンション

欠陥マンションを買わないために
欠陥マンションの判別法

欠陥マンションの実情

昨年末から世間を騒がせている「耐震構造偽造」問題をあげるまでもなく、昨今、残念ながら欠陥マンションは増えています。一生かかるローンを組み、決死の思いで購入したマンションが「欠陥マンション」だったら…その住人の怒りと悲しみと苦悩は、いかほどのものでしょうか。

そんな思いをしないためにも、購入前に欠陥マンションはどういったものを指すのか、欠陥マンションの実情はどういったものかを知っておく必要があるでしょう。

現在、欠陥マンションは増えていると言われています。その原因の一つとして挙げられるのが、マンション業界の熾烈な価格競争です。マンション価格を下げなければ、マンションが売れ残ってしまいます。しかし、表面的には一定のマンションレベルを保たなければなりません。そこで、「専有面積(個人の所有部分)を相対的に小さくし、販売価格を落とす」「目に見えない部分の工事コストを下げるため、品質を落とす」などが行われているようです。これではマンション価格は手ごろであっても、欠陥だらけの住宅が完成してしまいます。 これにより、配筋の本数が減り、耐震性が格段におちたり、コンクリート厚が薄くなり、遮音性がおちたりといった欠陥が次々に浮かび上がってきます。

また、現在の他にも、過去に3回の「欠陥マンションを生んだ時期」があったと言われています。一つは、1970年前後の万博景気のころです。水が多いコンクリートが使われたため、ひび割れや水漏れが多く見られました。

次に、1970年代後半のオイルショックのころです。セメントなどの建築材料が著しく減ったために、古いセメントが使われました。 最後に、1990年前後のバブル経済時期です。建築ラッシュにより、人材不足から施工技術の悪化したのが原因といわれています。

見えない欠陥

目に見える欠陥があるマンションというのはあまりありません。目に見えない部分にあるからこそ、購入したあとや住み始めてから気付くものです。

配管工事・遮音性などの問題も非常に重要ではありますが、多くの人が一番気をつかうと思われるのが、耐震性でしょう。 現在の耐震設計は、「新耐震設計法」という法に基づいています。地震の規模によって2段構えの設計となっており、「中規模地震の際には、地震の力に抵抗する」ように、「大規模地震の際には、地震の強さを吸収する」ようになっています。また、現在は「免震構造」と言う基礎部分と建物部分に緩衝装置を取り付けたものもあります。みなさんもご存じの通り、これら見えない部分の欠陥を素人の私たちが見抜くことは大変難しいことです。構造計算書などをプロの建築士に渡し、確認してもらうより他にありません。しかし、売主となる業者に詳しい説明を受け、各々が購入するマンションについて納得したうえで買うことで、多少はリスクを防げるでしょう。