新築マンション.COM
知って得する新築マンションの最新情報や用語、よくあるご質問などをご紹介します
ホームこのサイトについてご利用規約お問い合わせ
オススメ情報











中古物件と新築物件

中古と新築物件の違い
中古と新築、どっちがいい?

中古物件にするか新築物件にするか、悩む人は非常に多いですが、これは単に価格の違いだけの問題ではありません。価格面以外にも様々な比較ができるので、整理して考えてみましょう。

中古と新築物件の違いは?

まず、中古マンションは新築より価格が割安になります。新築と違って、マンションの室内外の現物を見て購入を検討することができますし、生活環境や近所付き合いがすでにできあがっていて、他の入居者の様子をうかがうこともできます。一方、新築マンションは仲介手数料がかからないため、諸費用がその分安くすみます。管理費や修繕積立金が当初からきちんと計画されていて、トラブルになりにくい点も中古と比べて利点といえるでしょう。そして中古物件を購入するよりも、住宅ローンの金利・借入れ条件が一般的に有利なケースが多いようです。また、マンションとしては最新設備が設置されていたりと、住宅として質が高いものが多かったり、税金面での優遇措置を受けやすいという違いがあります。また、新築の場合、完成前の建築途中の現場状況を確認することもできます。このほか、中古物件は新築と違い、人が住んでいた後なので個人が売り主になっているケースが多く、この場合、現況有姿の売買が基本となってしまい、リフォームが必要になります。しかし、ライフプランに沿って、(後に転勤で引っ越しの予定がある…などの場合)迷わず中古物件を選ぶ方もいるようです。

中古と新築、コスト面での違いは?

中古マンションは、通常の登録費用などに加えて仲介会社に支払う手数料が発生するため、新築より諸費用が高くなります。一般的には仲介手数料は物件価格の3%となるので3000万円の物件購入の場合で、100万円近くの手数料が別途必要となります。中古マンションでも売り主が不動産会社である場合は仲介手数料は不要となりますが、物件によってはクロスの張り替えやメンテナンス、リフォーム料がかかることがあります。よって中古マンションを購入する際には、新築よりも物件取得費以外の現金を多めに用意しておく必要があります。また、各民間金融機関において中古マンションは金利優遇の対象にならない場合や、長期ローンを組めない場合があり、住宅金融公庫を利用する場合も、新築マンションに比べ融資限度額に格差がでてくるため、この機関を利用して中古物件を購入しようとする方は少ないのが現実です。また、管理費・修繕積立金の面では、中古物件の場合、以前は管理費と修繕積立金に対する考えが乏しく、低額に設定されていたため今になって月額4、5万円以上を請求される例が多数あります。「長期修繕計画」がきちんと立てられている物件であるかを調べる必要があります。