新築マンション.COM
知って得する新築マンションの最新情報や用語、よくあるご質問などをご紹介します
ホームこのサイトについてご利用規約お問い合わせ
オススメ情報











ライフプランを立てる

現実的なライフプランを立てよう
未来予想図にマンションを描きこむ

ライフプランを立てよう

マンション購入は、あなたのライフプランを立てることでもあります。何十年にも渡る住宅ローンを組む(場合が多い)のですから、先々の人生設計も考えた上で購入するべきです。

間取りや立地の考え方もライフプランによって左右されてくるでしょう。後々に親との同居を考えている場合、子供を産み育てる場合など、その人の思い描く未来によって、購入するべき物件が自ずと決まってくるでしょう。 また、資金計画も同時に行います。これによって、支出の上下にかかわらず、破綻せずに住宅ローンを返済することができるよう、先手を打っておくわけです。

自分の住み家を購入する…それは多くの人にとって夢です。しかし、それをただの夢で終わらせたり、失敗しないためにも、現実的なライフプランを立て、購入するようにしましょう。

マンション購入に適した年齢

マンションは、若いうちに購入することをおすすめします。若いにこしたことはありません。
というのも、まずは賃貸マンションを借りている場合、その家賃がもったいないからです。もし、賃貸マンションに10年間住んだとしましょう。その10年間を分譲マンションのローン返済に当てていたら、ローン金額は相当減ったことでしょう。同じ金額を支払っていたとしたら、家賃として大家さんに支払うよりも、自分の持ち物のローン返済に支払った方が良いと思いませんか?
また、ローンの年数も心配です。例えば、40歳で35年ローンで分譲マンションを購入したとします。すると、ローンが終わるのは、所有者が75歳のときです。年金制度が破綻すると言われている今、定年後にも莫大なローンを抱えて生きることは大変不安です。できることなら、定年前にローンを払い終えたいですよね。

以上のようなことからも、マンション購入は早めにしたほうが良いと考えられます。民間企業や銀行・都市銀行の住宅ローンは、勤続年数や収入などに厳しい条件を設けていますが、それらをクリアしている場合は、すでに買い時と言えるでしょう。 若いうちからローンを背負う…という不安もあると聞きますが、その考えは逆です。若いからローンを背負う不安が軽減されるのです。いずれ購入する予定でしたら、勇気を出すことをおすすめします。