新築マンション.COM
知って得する新築マンションの最新情報や用語、よくあるご質問などをご紹介します
ホームこのサイトについてご利用規約お問い合わせ
オススメ情報











良いマンションとは

セキュリティ・安全性をチェック
優良物件の見分け方

物騒な昨今では、防犯対策や安全面も必ず確認しておきたい項目です。巧妙でかつ凶悪な侵入犯罪は、今や3分に1件の割合いで発生しているといわれています。防犯設備の設置はもちろんですが、まずは狙われないような住まいを意識することが1番の防犯対策なのかもしれません。狙われやすいのは、一般的にマンションの1階、2階、最上階だといわれています。低層階は侵入が容易であり、人目につきにくい最上階も屋上からベランダに下りて侵入されるパターンが多いようです。また玄関が外から見えにくい立地構造になっていたり、窓やベランダ側に目隠しになる建物があったりと犯行が人目につきにくい物件はより注意が必要です。また近隣の住人の顔を知らない人間関係が希薄なマンションは、例え入り口にオートロックがついていても、住人にまぎれて簡単に侵入されてしまい犯行を見逃してしまうケースがあります。

必要な防犯対策は?

凶悪化、巧妙化する犯行の手口の中で、防犯対策にやりすぎはありません。一般的な防犯対策を紹介しましょう。

まず、屋外の設備としては防犯ライトや監視カメラの取り付け。泥棒は光と音に弱いものです。玄関や窓に人が近づくとセンサーにより照明がつく防犯ライトがあると効果的です。また、監視カメラが設置されていたり番犬がいる家も泥棒には敬遠されます。そしてインターホンはモニターカメラ付きのものが良いでしょう。泥棒が留守を確認する方法で最も多い手口がインターホン呼び出しです。住人が応答した場合はセールス等を装おうこともあるようです。侵入者は顔を見られることを恐れるので、カメラや録画機能がついているものがおすすめです。また玄関のドアロックは2つ以上つけるのがよいでしょう。

ピッキングやカム送りなどの手口を使う泥棒は、侵入に時間がかかることを嫌います。単純に鍵が2つついていることだけでも、泥棒があきらめる確率は高くなります。暗証番号などによる電気錠も侵入しにくい鍵とされています。窓からの侵入に対する対策は防犯合わせガラスが最も強力です。2枚のガラスの間に厚みのあるフィルムが挟まれており、破られにくい構造になっています。トイレの窓などには面格子をはることが有効です。また、大金を家に置く場合は床に固定できる金庫の活用が有効です。

安全面は耐震性と耐火性をチェック

住まいに対する永遠のテーマは安全性。心と体が安らげる家であることは必要不可欠な要素です。穏やかな精神状態で暮らすためにも、何かと話題になってきた耐震性はもちろんのこと、防耐火性というのも非常に重要なポイントです。大地震で建物が倒壊するという危険性を避けたいのはもちろん、大震災の後は必ず火災が起きていることからも、免震耐火性も重要な点です。